MMオールインワンクリーム 人気は?口コミは?評判は?

 
ブランド(メーカー):シーオーメディカル
注目の成分:プラセンタ・タウリン・ホスファチジルコリンなど
カテゴリ:スキンケア系

※「カテゴリ」はオールインワンの中でも特に効果を謳っている
個人的で便宜的な分類です。

スポンサーリンク


MMオールインワンクリーム

MMオールインワンクリームは、保湿成分のプラセンタをはじめプロテオグリカン・タウリン・ホスファチジルコリン・セラミドを配合した朝専用のオールインワンクリームです。ジェルタイプのオールインワンではなく、クリームタイプなのでジェルタイプに比べて保湿力・化粧ノリ・馴染み・油分提供がよく、乾燥による化粧崩れを防いでくれます。

こんなお悩みのある方に

  • 朝、メイクをしても夕方には崩れてしまうという方
  • 肌がカサカサで乾燥が気になるという方
  • 潤いが持続する化粧品を探しているという方
  • 忙しい朝は「時短」スキンケアがしたいという方

◎MMオールインワンクリームのポイント◎

MMオールインワンクリーム独自のモイスチャーバランス設計

肌は「水分-自然保湿因子-脂質」のモイスチャーバランス。このモイスチャーバランスが崩れると乾燥を引き起こしてしまします。そのため、このバランスを適正にし、維持するためには「水分-保湿剤-油分」の複合スキンケアが必要です。

W/O型(油中水型)

MMオールインワンクリームは、油分が水分を包み込んでいるW/O型(油中水型)。導入オイル⇒化粧水⇒クリームと変化させることで1品でライン使いをしたようなモイスチャーバランスを再現します。

NMF考慮型

NMF(天然保湿因子)とは、もともと人間の肌に備わったうるおい成分。MMオールインワンクリームは、100%日本産の豚プラセンタを高配合し、NMFをしっかり内側からサポートします。

定着型(ホスファチジルコリン)

ホスファチジルコリンは、肌への馴染みがよくヒアルロン酸の2倍の保湿力があるといわれています。しかし、ホスファチジルコリンは化粧品に配合するのが難しく、日本でもホスファチジルコリンを配合している化粧品を見かけません。

MMオールインワンクリームは、実験を重ねホスファチジルコリンの配合に成功しました。

3つの成分がモイストキープ

  • セラミド
  • プロテオグリカン
  • タウリン

セラミドは、角質細胞内の主成分であり、湿度が下がっても水分をキープできる保湿成分。プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の120%の保湿力といわれています。また、タウリンとえいえば栄養ドリンクのイメージが強いかもしれませんが、化粧品に配合すると優秀な保湿成分になります。

1本で5つの効果のオールインワンクリーム

MMオールインワンクリームは、化粧水・美容液・乳液・ クリーム・下地の1本5役。 時間のない忙しい朝でもこれ1本で簡単時短スキンケアが可能です。

口コミや評判は?

◇良いところ(メリット)◇

  • 忙しい朝に時短スキンケアができる
  • これ1本でもしっかり潤いを感じられる
  • 化粧のノリがよくなってきた
  • クリームがよくなじむので使いやすい
  • 旅行の時にポーチに入れてもかさばらず便利

◇気になったところ(デメリット)◇

  • コスパ的にちょっと微妙な価格
  • 朝はいいけど夜に使うにはやはり物足りない

人気度★★★★★

<短評>
MMオールインワンクリームの口コミは、「時短スキンケア」「化粧のノリがよくなった」などの点の評価が高いようです。

また、クリームタイプなので、肌によくなじんで使いやすいと、その使用感の面でも評価できるという口コミもあります。

気になる口コミとしては、夜のスキンケアにはやはり物足りないかも・・・という口コミがありました。「朝専用」オールインワンということなのでこれは仕方のないところだとは思いますが、1つで朝も夜も使えるオールインワンがいいという方は、やはり一応注意しておいたほうがいいかもしれません。

保湿成分のプラセンタをはじめプロテオグリカン・タウリン・ホスファチジルコリン・セラミドを配合したオールインワン。忙しい朝にこれ1本で時短できる朝専用のオールインワンはないかな・・・そんなスキンケア系オールインワン化粧品を探しているという人は一度試してみる価値があるでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。